生活と環境(2016年1月号)

【新春特集】水素社会を考える

 将来のエネルギー社会は、どのような展開になるのでしょうか。
 現在、燃料電池自動車の一般販売、下水汚泥等の廃棄物から水素を抽出する取り組みなどから、燃料電池と水素供給インフラを軸とした「水素社会」という構想が選択肢の一つとして浮かび上がってきます。一方で、コストや安全性、水素供給インフラの構築など、解決すべき課題も多いです。
 今回は、新たな年のはじめに、エネルギー対策と廃棄物処理対策・環境保全対策の両立を目指すという大きな視点から水素社会を考えます。

■次世代のエネルギーを考える!
柏木 孝夫(東京工業大学)

■水素社会の実現に向けた取組みの加速
経済産業省 資源エネルギー庁 省エネルギー・新エネルギー部燃料電池推進室

■水素社会におけるインフラ及び都市住宅等について
足永 靖信(国土交通省)

■下水汚泥由来の水素製造・利活用の推進
和田 直樹(国土交通省)

■バイオマス資源を利活用する水素エネルギー技術の新展開
市川 勝(工学院大学)

■水素技術の現状と課題
大澤 秀一(大和総研)

■「福岡水素戦略」の取組みについて
相良 宏(福岡県)

■下水汚泥から水素を製造し供給する
〜水素エコタウンを目指す埼玉県の下水道〜

大癲|卩掘丙覿霧)


※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】0 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top