生活と環境(2015年7月号)

【特集】地域で動き出す気候変動への“適応”

近年、頻発している異常気象等は、自然災害の増加のみならず、水・食糧など資源枯渇、農作物の収穫等々、私たちの生活を直撃しています。こうした極端な事象は、地球温暖化に伴う気候変動の影響であるとされ、その対策として人間活動による温室効果ガスを抑える“緩和”が求められる一方、地域ごとの“適応”による取り組みが動き出しています。本号では、気温や降水量の将来予測に関する研究や事例等、適応策に関する各地域での取り組みに焦点をあて特集します。


■日本における気候変動の影響に対する適応の方向性
藤井 崇史(前環境省)

■「水災害分野における気候変動適応策のあり方について〜災害リスク情報と危機感を共有し、減災に取り組む社会へ〜中間取りまとめ」について
国土交通省 河川計画課 河川計画調整室

■地球温暖化による極端現象の将来変化
気象庁 地球環境・海洋部 気候情報課

■埼玉県における地球温暖化対策実行計画の改訂と適応策の推進
横内 ゆり(埼玉県)

■長野県における適応への取り組み
陸   斉(長野県)

■地方自治体に向けた「適応策ガイドライン」の作成
田中  充(法政大学)

■気候の変化に適応できる首都圏の河川・水資源管理システムの開発―利根川を事例として
小池 俊夫(東京大学大学院)

■将来の短時間豪雨の推定と降雨の不確実性―北海道を対象とする総合的ダウンスケール手法の開発と適用―
山田 朋人(北海道大学大学院)

■名古屋都市圏の将来暑熱環境への適応
飯塚 悟(名古屋大学大学院)

■流域圏の気候変動と高知県の適応策、そして産学官民の連携
西森 基貴(農業環境技術研究所)


※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】0 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top