生活と環境(2015年8月号)

【特集】連携して進める食品リサイクル

平成19年に改正された『食品循環資源の再生利用等の促進に関する法律』は、施行から5年が経過したことから、食料・農業・農村政策審議会及び中央環境審議会にて施行状況の点検の議論が行われ、新たな基本方針が公表される予定です。業種ごとの再生利用等実施率の目標値が引き上げられるほか、都道府県、市町村の役割も拡大されることとなります。今後、食品リサイクルをさらに促進させるためには、地域の実情に応じて行政・事業者・市民などが連携して取り組むことが重要です。このような動きの中、自治体、関連団体、大学などの先進的な取組み等について紹介します。


■新たな食品リサイクル法基本方針等と関係者に求められる役割
前田 大輔/伏田 豊仁(環境省)

■外食産業における食品廃棄物の発生抑制・リサイクルの取り組み―日本フードサービス協会―
福原 詩央里(環境新聞社)

■恵庭市生ごみリサイクルの取り組み
数井 孝志(恵庭市)

■33年におよぶ環境保全型農業推進の村
柴田 亨(高山村)

■上勝町におけるゼロ・ウェイスト政策と生ごみ処理
坂野 晶(ゼロ・ウェイストアカデミー)

■「MOTTAINAI」で食品循環のネットワークづくり
遠藤 昌男(中央ライフ・サポートセンター)

■食品残さアップサイクルモデルとしてのエコスイーツ活動
大前 慶和(鹿児島大学)

■余った食材がおいしく変身!
平井 巧(honshoku)


※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】0 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top