生活と環境(2017年7月号)

【特集】災害廃棄物処理の現場を見る

 平成23年に発生した東日本大震災をはじめ、平成27年の関東・東北豪雨や平成28年の熊本地震など、近年、激甚化した自然災害が頻発している。
 災害時には膨大な量の廃棄物が発生し、被災自治体はその処理に追われる。そのような事態に備え、廃棄物を円滑に処理できるよう、これまでの対応事例や得られた経験、教訓などを整理し共有しておくことが重要である。
 近年の災害で発生した廃棄物は、実際にどのように処理されたのか―。本号では、その処理の現場に焦点を当て、特集する。

■災害廃棄物対策に関する今後の取組み
切川 卓也(環境省)

■答えは“現場”にある―平時の現場の重要性について
渡邊 高之(常総市)

■石巻ブロックにおける災害廃棄物処理の概要と今後の課題
青山 和史、小川 浩司(鹿島建設)

■東日本大震災・熊本地震における災害廃棄物の選別・破砕処理
舟山 重則(日本災害対応システムズ)

■近年の大規模災害における災害廃棄物の海上輸送について
倉田 隆(井本商運)

■災害廃棄物処理における仮設焼却炉の実績と課題(東日本大震災時の岩手県・宮城県における実績)
近藤 守、保田 静生、秩父 薫雅、保延 和義、佐藤 幸世(仮設焼却炉検討会)







※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top