生活と環境(2017年4月号)

【特集】まち・ひと・しごと、そして“環境”―地方再生への挑戦

 地方を取り巻く少子高齢化や人口減少が一段と深刻化していく一方で、地方創生や地方活性化、地域創生といった言葉を多方面から耳にするようになりました。内閣官房まち・ひと・しごと創生本部事務局と内閣府地方創生推進事務局とが両輪となって、地方創生の推進に向けた施策に取り組んでいるからです。
 『生活と環境』では、まち・ひと・しごとの他に“環境”もまた再生への重要な一つのキーワードであると捉え、特集を企画しました。地域の環境をも含む資源にどのような付加価値を与えて、どのように地域を再生するか、地方自治体や企業、団体の地方活性化へ向けての取り組みなどを紹介します。

■持続可能なまちづくりを目指して
高畠 昌明(内閣府)

■自然環境と地域文化の再生が、地域社会再生の車の両輪となる――欧州の地域社会再生に学ぶ
神野 直彦(東京大学)

■地方再生の鍵『人財』について考える
御園 慎一郎(大阪大学)

■ヒト×地域へのこだわり×α=地方創生+望ましい環境創造へ
高橋 誠司(富士通総研)

■環境先進都市ポートランド〜持続可能な未来を創造する街づくり〜
山崎 満広(ポートランド市)

■農村×企業の連携が地方を創生する
曽根原 久司(えがおつなげて)

■「100年後も豊かな暮らしができるまち」を目指して
市来 広一郎(atamista)

■なぜ若者は尾道に移住するのか
豊田 雅子(尾道空き家再生プロジェクト)

■森林の価値の連鎖を生み出す―群馬県川場村の事例から―
八塩 彰、間 冬子(清水建設)





※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top