生活と環境(2017年3月号)

【特集】 総括・ごみ処理のダイオキシン対策 ―「新ガイドライン」から20年を経て

 平成9(1997)年1月、厚生省(当時)は『ごみ処理に係るダイオキシン類発生防止等ガイドライン』を公表しました。ダイオキシン問題の社会的な高まりを受けたもので、「緊急対策」と「恒久対策」の大きく2つに分けて対策を講じています。
 それから20年が経ったいま、ごみ処理におけるダイオキシン類発生抑制はどうなっているのでしょうか。これまでの経緯とともに、最新状況も踏まえて総括します。

■ごみ処理に係るダイオキシン類発生防止の取り組みの現状と展望
西原 正彦(環境省)

■ごみ処理のダイオキシン対策、この20年を概観して
酒井 伸一(京都大学)

■ダイオキシン類の生成・排出およびその抑制対策――この20年を振り返る
川本 克也(岡山大学大学院)

■生物検定法による塩素化/臭素化ダイオキシン類測定評価法の確立と高度利用の試み
鈴木 剛(国立環境研究所)

■廃棄物処理施設におけるダイオキシン類対策の現状
近藤 守(日本環境衛生施設工業会)






※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top