生活と環境(2016年9月号)

【特集】木質バイオマス利用を考える

 さまざまなバイオマスのうち、木材に由来するものを「木質バイオマス」といい、間伐材などによる未利用木質バイオマスをうまくエネルギー活用していければ、地球温暖化対策としてもエネルギー対策としても有効に作用する可能性があると指摘されています。
 今号の木質バイオマス利用についての特集では、大規模事業の成功事例のみならず、効率的に収集・運搬する供給システムの構築や、小規模であっても地域経済の活性化と位置付けて発電に取り組んでいる事例などについても紹介します。

■廃棄物系バイオマスの有効利用について
鈴木 祐介(環境省)

■木質バイオマスの利用
小池 浩一郎(島根大学)

■木質バイオマス発電の現状と課題
川越 裕之(日本木質バイオマスエネルギー協会)

■持続的な木質バイオマスのエネルギー利用を考える
高橋 香織(みずほ情報総研)

■森林バイオマスが地域を変えた―小さな町のエネルギー革命
山本 敏夫(下川町)

■木質バイオマスエネルギーを活用したエコ観光地づくりモデル事業
戸谷 尊文(長野県)

■林地残材、こつこつ集めれば立派な副収入―“木の駅方式”による木質バイオマス利用
鈴木 保志(高知大学)

■木質バイオマス利用による山林保全・地域振興・地球環境保全等への貢献
佐久間 英明(福井グリーンパワー)

■水素・燃料電池活用の高効率システム―小規模木質バイオマス発電で実証事業
渡辺 恭吾(北電総合設計)


※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】0 g

販売価格 1,155円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top