2012年
2012年12月
特集「温泉熱利用による地域おこし」
特集 温泉の熱効率改善と温泉発電の動向 奥村 明雄(日本環境衛生センター 理事長)
甘露寺 泰雄(中央温泉研究所 専務理事)
草津町における温泉資源の有効利用状況 吉田 秀男(草津町愛町部温泉課)
温泉熱を利用した低温度差発電の取り組み〜熱海市〜 石渡 久照(熱海市総務部参事)
再生可能エネルギーによる温泉街の復興再生―温泉熱資源と砂防堰堤落差を生かした土湯温泉の挑戦― 池田 和也(土湯温泉観光協会 事務局長)
那須温泉における余熱と排(廃)湯熱利用の取り組み 稲川 裕之(新那須温泉供給株式会社 代表取締役)
温泉熱を活用したヒートポンプ、バイナリー発電、温度差発電の概要 河邊 安男(日本環境衛生センター 理事)
温泉エネルギーの有効利用に対する環境省の支援措置 環境省地球環境局地球温暖化対策課
あかりまど 温泉発電への期待―温泉を愛でる国からの新産業創出― 村岡 洋文(弘前大学北日本新エネルギー研究所 副所長・教授)
海外環境レポート キューバの居住環境見聞記 中臣 昌広(文京区文京保健所生活衛生課)
視点 水銀条約の制定に向けた国際交渉に係る動向 森谷 直子(環境省総合環境政策局環境保健部環境安全課)
連載 ブダペストこぼれ話 小野川 和延(元 中東欧地域環境センター次長)
低炭素社会と地域の活性化 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
福島からの情報発信 小桧山 善継(平成24年度福島県議会議員海外行政調査団)
環監一直線! 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える 上 幸雄(日本トイレ研究所 代表理事)
環境と数学 横田 勇(静岡県立大学 名誉教授)
散歩みち 桜井 国俊(沖縄大学 教授・図書館長)
東西南北  
2012年11月
特集「使用済み小型家電リサイクル法と行政・市民の役割」
特集 小型家電リサイクル法について 杉村 佳寿(環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課リサイクル推進室)
秋田県が進める小型電気電子機器リサイクルシステム構築への社会実験 藤原 徹(秋田県産業労働部資源エネルギー産業課エコタウン班)
東京都における小型家電リサイクル、7つの先行事例 矢野 和弘(東京都環境局廃棄物対策部資源循環推進課)
福岡県におけるレアメタル等有用金属の回収事業への取組み 鶴 弘之(福岡県環境部循環型社会推進課)
日立市における小型家電リサイクルの取り組み 鈴木 一兄(日立市環境衛生課ごみ対策推進室)
京都市における小型家電リサイクル事業 濱口 弘行(京都市環境政策局循環型社会推進部循環企画課)、木村 一知(京都市環境政策局循環型社会推進部循環企画課)
使用済み小型家電リサイクルの施行と市民の役割 鬼沢 良子(NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット事務局長)
あかりまど リサイクルの「質」の向上 貴田 晶子(愛媛大学農学部客員教授、廃棄物資源循環学会会長)
調査研究レポート 区公衆浴場組合と連携したレジオネラ症対策事業について 堀内 雅浩、船橋 良介、榎田 尚一朗、福田 基(目黒区保健所)
人材育成レポート 「清掃予備校」で学び伝える清掃事業 馬場 晋一(豊島区政策経営部シティプロモーション担当課)
連載 地域でつながる環境活動 櫻井 誠人(新潟市住みよい郷土推進協議会事務局)
ブダペストこぼれ話 小野川 和延(元 中東欧地域環境センター次長)
低炭素社会と地域の活性化 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
福島からの情報発信 池田 利宣(福島県南土建工業株式会社土木部)
環監一直線! 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える 上 幸雄(日本トイレ研究所代表理事)
環境と数学 横田 勇(静岡県立大学名誉教授)
散歩みち 松田美夜子(生活環境評論家)
東西南北  
2012年10月
特集「室内環境の現状と課題」
特集 室内環境の現状と課題 奥野 正和(厚生労働省健康局生活衛生課)
室内空気中の揮発性化学物質による健康問題への根本的対応 森 千里(千葉大学予防医学センター長)/戸高 恵美子(千葉大学准教授)
愛知県における健康・快適居住環境確保対策事業について 大嶌 雄二(愛知県健康福祉部健康担当局生活衛生課)
室内環境に関わる市民等からの相談状況とその対応 榊原 幸雄(世田谷区世田谷保健所)
建築物における衛生管理での諸問題 鍵 直樹(東京工業大学大学院准教授)
あかりまど 室内環境の変化と衛生害虫 小林 睦生(国立感染症研究所 名誉所員)
調査研究レポート 公衆浴場でのレジオネラゼロを目指して 黒澤 智恵(多摩府中保健所生活環境安全課)
海外環境レポート 途上国のスーパーマーケットによるCSRの取り組み
―「マーシャル共和国におけるプラスチックバッグの削減」の事例から―
大森 幸子(マーシャル共和国大統領府環境計画政策局)
視点 水銀の回収と利用について 金 晃太郎(元 野村興産株式会社顧問)
第56回生活と環境全国大会概要 「地域循環とエネルギーを考える」をテーマにした全国大会 生活と環境全国大会事務局
連載 地域でつながる環境活動 <新連載> 中村 修(名古屋市保健委員会)
ブダペストこぼれ話 <新連載> 小野川 和延(元 中東欧地域環境センター次長)
低炭素社会と地域の活性化 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
福島からの情報発信 大村 卓(福島環境再生事務所 所長)
環監一直線! 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える 上 幸雄(日本トイレ研究所代表理事)
環境と数学 横田 勇(静岡県立大学名誉教授)
散歩みち 大澤 元毅(国立保健医療科学院統括研究官)
東西南北  
2012年9月
特集「放射性物質の除染・廃棄物処理の動向」
特集 <インタビュー>
環境省大臣官房審議官(放射性物質汚染対策担当)・関荘一郎氏に聞く「除染活動の現状と今後の動向」
内閣府委託「除染モデル実証事業」の成果 石田 順一郎(日本原子力研究開発機構福島技術本部福島環境安全センター長)
福島県による除染技術の実証事業について 遠藤 浩三(福島県生活環境部除染対策課長)
放射性物質に汚染された廃棄物等の出口戦略 大迫 政浩(国立環境研究所 資源循環・廃棄物研究センターセンター長)
放射線量および放射能濃度の的確な調査・測定に向けて 上東 浩(日本環境測定分析協会 放射能測定分析技術研究会(RADI研)委員長)
除染関係者の研修と普及・啓発の状況 村岡 良介(日本環境衛生センター 研修広報部次長)
「除染から始める地域の再生」をテーマに環境放射能除染・廃棄物処理国際展の開催へ―― 9月24日から3日間、科学技術館にて 酒井 剛(RADIEX2012事務局)
あかりまど 地域の復興と除染 森田 昌敏(愛媛大学農学部客員教授)
調査研究レポート プールの安全対策に関する一考察〜大阪府内プールにおける傷病・事故等発生の実態について〜 藤井 佐弥子(大阪府健康医療部環境衛生課)
環境ライブラリー 『実用 水の処理・活用大事典』  評者・小林 康彦
連載 ニッポンのゴミ<最終回> 大澤 正明(日本環境衛生センター 理事)
福島からの情報発信 溝口 俊夫(福島県野生動物専門員)
環監一直線! 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える 上 幸雄(日本トイレ研究所代表理事)
低炭素社会と地域の活性化 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
環境と数学 横田 勇(静岡県立大学名誉教授)
散歩みち 大澤 元毅(国立保健医療科学院統括研究官)
福島からのひとりごと〜環境省現地災害対策本部福島県内支援チーム員より〜 秋月 祐司(日本環境衛生センター環境工学部)
東西南北  
2012年8月
特集「エネルギー拠点としてのごみ焼却施設」
特集 <インタビュー>
鳥取環境大学特任教授・田中勝氏に聞く
「エネルギー拠点としてのごみ発電〜普及への展望を探る
ごみ焼却施設における高効率発電の現状 宇野 晋(日本環境衛生施設工業会 技術委員長)
ごみ焼却施設とエネルギーセキュリティ 伊東 和憲(元東京二十三区清掃一部事務組合 総務部長)
京都市におけるごみ発電による創エネ・節電対策 日野 貴史(京都市環境政策局)
高効率ごみ発電による地域づくりを目指して 和田 ひろ子(広域ごみ発電・地域循環社会形成協議会 会長)
防災拠点の中心施設としての清掃工場 鈴木 康夫(JFEエンジニアリング株式会社 環境プラント事業部 主幹)
FITとごみ発電 石坂 朋久(環境新聞編集部)
あかりまど リオ+20所感――グリーン経済と持続可能な開発目標(SDG) 松下 和夫(京都大学大学院地球環境学堂 教授)
調査研究レポート 小規模受水槽施設におけるジアルジア等検出事例について 石井 治、山本 実、小田原 真美子(千葉県印旛保健所 成田支所)
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(日本環境衛生センター 理事)
福島からの情報発信 遠藤 光義(福島県生活環境部原子力安全対策課)
環監一直線! 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える 上 幸雄(日本トイレ研究所代表理事)
低炭素社会と地域の活性化 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
環境と数学 横田 勇(静岡県立大学名誉教授)
散歩みち 粕谷 明博(前環境省水・大気環境局総務課長)
福島からのひとりごと〜環境省現地災害対策本部福島県内支援チーム員より〜 秋月 祐司(日本環境衛生センター環境工学部)
東西南北  
2012年7月
特集「アジアの循環型社会構築力と日系静脈産業の役割」
特集 日系静脈産業メジャーの育成・海外展開 永島 徹也(環境省廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室長)
北九州市における静脈ビジネスの海外展開事業支援〜静脈産業ビジネスの海外展開に携わって想うこと〜 内藤 英夫(北九州市環境局環境国際担当部長)
アジアにおけるごみ処理施設建設等への取組み状況 三野 禎男(日立造船株式会社エンジニアリング本部環境EPCビジネスユニット長)
アジアにおけるごみ中継施設の導入 片山 智之(新明和工業株式会社産業機器統括本部環境システム本部主任技師)
中国におけるごみ焼却施設建設の動向 龍 吉生(上海康恒環境工程有限公司代表)
海外におけるマテリアルリサイクルの展開 近藤 比呂志(三菱マテリアル株式会社資源・リサイクル事業本部環境リサイクル事業部長)
アジア3R自治体間ネットワーク会合と静脈産業海外展開促進フォーラムについて 藤吉 秀昭(日本環境衛生センター 常務理事)
あかりまど アジアで競争できる廃棄物処理技術とその運営技術の再構築を 藤吉 秀昭(日本環境衛生センター 常務理事)
調査研究レポート 関係機関と連携した水道維持管理者の知識向上を図る仕組みづくり 腰山 武、内藤 弘、西ケ谷 友義(東部健康福祉センター環境部生活環境課)
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(日本環境衛生センター 理事)
福島からの情報発信 藪内 礼子(福島県保健福祉部食品生活衛生課長)
環監一直線! 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える 上 幸雄(日本トイレ研究所代表理事)
低炭素社会と地域の活性化 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
環境と数学 横田 勇(静岡県立大学名誉教授)
散歩みち 堀江 裕(厚生労働省健康局生活衛生課長)
福島からのひとりごと〜環境省現地災害対策本部福島県内支援チーム員より〜 秋月 祐司(日本環境衛生センター環境工学部)
東西南北  
2012年6月
特集「再興したトコジラミ問題」
特集 トコジラミとは―その生態、習性を中心に― 武藤 敦彦(日本環境衛生センター環境生物部)
海外におけるトコジラミ被害の現状 平尾 素一(環境生物コンサルティング・ラボ代表)
ホテル、旅館での発生実態 足立 雅也(鵬図商事株式会社企画・開発課課長)
都市におけるトコジラミの現状〜保健所に寄せられる住民等からの相談を通じて〜 矢口 昇(豊島区池袋保健所生活衛生課)
トコジラミの薬剤抵抗性とその対策 皆川 恵子(日本環境衛生センター環境生物部)
PCOによるトコジラミ防除の実際 元木 貢(アペックス産業株式会社代表取締役)
 
トコジラミの再興と危惧される感染症 沢辺 京子(国立感染症研究所昆虫医科学部部長)
調査研究レポート ATP測定を用いた浴槽水衛生管理手法の検討(第3報) 佐藤 恭子(多摩立川保健所生活環境安全課)
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(日本環境衛生センター 理事)
福島からの情報発信 木村 光政(福島県産業廃棄物協会専務理事兼事務局長)
環監一直線! 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える 上 幸雄(日本トイレ研究所代表理事)
低炭素社会と地域の活性化 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
環境と数学 横田 勇(静岡県立大学名誉教授)
散歩みち 森田 英樹(屎尿・下水研究会幹事)
福島からのひとりごと〜環境省現地災害対策本部福島県内支援チーム員より〜 秋月 祐司(日本環境衛生センター環境工学部)
東西南北  
2012年5月
特集「省エネの新潮流 ―3.11後の低炭素社会を展望する」
特集 省エネルギーの新潮流 ―次世代スマートハウスから展望する― 金谷 年展(東京工業大学特任教授)
自治体における省エネ政策のあり方 〜地域からの需要応答のモデルと'12年における新たな展開〜 加藤 敏春(スマートプロジェクト代表)
東京都における省エネ対策を振り返る 阿部 泰之(東京都環境局都市地球環境部)
オフィス・家庭における省エネ対策の実際 本橋 恵一(環境エネルギージャーナリスト)
ビル管理会社における省エネルギーの取り組み 松本 幸一(東急ファシリティサービス株式会社)
あかりまど “気候変動の大津波”に備えよ 山本 良一(東京都市大学教授)
調査研究レポート 医療機関、介護老人保健施設におけるレジオネラ症対策 日高 里奈、黒木 幸代、土谷 研一(宮崎県延岡保健所)
海外環境レポート 国境を越えたリユースの現状 ―日本の不用品が海外で生かされている!― 瀬戸 義章(「ゴミタビ」ライター)
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(日本環境衛生センター 理事)
福島からの情報発信 梅津 善幸(伊達市市民生活部放射能対策課除染対策係)
環監一直線! 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える 上 幸雄(日本トイレ研究所代表理事
低炭素社会と地域の活性化 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
環境と数学 横田 勇(静岡県立大学名誉教授)
散歩みち 岡澤 和好(公益財団法人日本産業廃棄物処理振興センター理事長)
福島からのひとりごと〜環境省現地災害対策本部福島県内支援チーム員より〜 秋月 祐司(日本環境衛生センター環境工学部)
東西南北  
2012年4月
特集「震災から1年、放射能除染と災害廃棄物処理の展望」
特集 放射性物質汚染廃棄物と除染対策の最新動向 大村 朋巳(環境ジャーナリスト)
 
福島県における除染対策の現状と展望 鈴木 克昌(福島県生活環境部)
放射能除染事業への取組みにあたって 田中 俊一(放射線安全フォーラム副理事長)
東日本大震災における災害廃棄物の広域処理〜現状と課題、展望  山本 昌宏(環境省廃棄物・リサイクル対策部)
あかりまど 環境規制と原子力規制の連携強化を 森 久起(原子力研究バックエンド推進センター専務理事)
調査研究レポート 相談事例から見た管内のねずみ被害の実態と指導効果について 片上 香織(東京都多摩府中保健所)
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(日本環境衛生センター 理事)
福島からの情報発信<新連載> 落合 良二(医療法人落合会常勤理事)
環監一直線!<新連載> 奥村 龍一(東京都多摩府中保健所)
トイレで社会を変える<新連載> 上 幸雄(日本トイレ研究所代表理事)
低炭素社会と地域の活性化<新連載> 大歳 恒彦(元東北公益文科大学教授)
環境と数学<新連載> 横田 勇(静岡県立大学名誉教授)
散歩みち 重田 芳廣(重田環境技術士事務所)
福島からのひとりごと〜環境省現地災害対策本部福島県内支援チーム員より〜 秋月 祐司(日本環境衛生センター環境工学部)
東西南北  
2012年3月
特集「特集震災から1年、被災地の環境は今」
特集 <インタビュー>環境省除染担当審議官・関荘一郎氏に聞く
「本格除染対策へと向かう工程と課題」
東日本大震災における大気環境行政の対応 山本 光昭(環境省 水・大気環境局 大気環境課長)
被災地における津波堆積物の実態と課題 駒井 武(産業技術総合研究所 地圏資源環境研究部門 副部門長)
東日本大震災被災地における災害廃棄物処理の状況と今後の展望 黒岩 修(環境新聞記者)
東日本大震災被災地の衛生害虫対策から学んだこと〜「第46回ペストコントロールフォーラム」のシンポジウムより〜 編集部
JESCの復興支援に関する取り組み 村岡 良介(日本環境衛生センター)
あかりまど あの日から、まもなく1年を迎え 三本木 徹(日本環境衛生センター 常務理事・総局長)
調査研究レポート 温泉水を利用した公衆浴場業許可施設のレジオネラ対策事例について 中山悠子(埼玉県春日部保健所)ほ
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜<最終回> 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策<最終回> 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から―<最終回> K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
自然主義をたずねて<最終回> 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 岡田 誠之(東北文化学園大学 教授)
2012年2月
特集1「平成24年度環境政策に係る予算を読む」
特集2「地域主導による再生可能エネルギーのこれから」
特集1 平成24年度環境政策に係る予算を読む 大村 朋巳(環境ジャーナリスト)
特集2 地域主導による再生可能エネルギーの活用 倉坂 秀史(千葉大学大学院人文社会科学研究科教授)
コミュニティファンドを活用した市民共同発電所―地域の、地域による、地域のための、エネルギー 橋本 憲(ひがしおうみコミュニティビジネス推進協議会代表)
南信州における市民出資を活用した太陽光発電の普及促進 谷口 彰(おひさま進歩エネルギー株式会社)
バイオマス&未利用エネルギーの徹底利用でエネルギーの地産地消に挑戦―「アレフ北海道工場(食品加工場)」の取組み 田尾 政敏(株式会社アレフ環境事業部)
市民出資による小水力発電―山梨県都留市の取り組み― 石坂 朋久(環境新聞社 記者)
あかりまど 2020年で間に合うか 加藤 三郎(NPO法人環境文明21共同代表)
調査研究レポート 科学的検査に基づく宿泊施設の衛生管理対策〜国際会議開催に向けて〜 見田 貴裕(名古屋市中保健所)
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 片山 徹 (海外環境協力センター専務理事)
2012年1月
新春特集「“リオ”から20年、持続可能な社会について考える」
特集 次の20年―有限時代の持続可能な社会へ 鈴木 基之(東京大学名誉教授)
技術立国・日本の温暖化政策は、ボトムアップ型で 坂根 正弘(日本経済団体連合会副会長)
究極の持続可能な社会とイノベーション 安井 至(製品評価技術基盤機構理事長)
アジアの廃棄物管理・資源管理と世界の持続性―日中の廃棄物関連学会協定締結をふまえて― 酒井 伸一(廃棄物資源循環学会会長)
地域と行政が一体となって持続可能な社会をめざす―全国初、温泉旅館・ホテルが進める紙資源ごみ循環プロジェクト― 松田美夜子(生活環境評論家)
年頭所感 社会ニーズに見合った新しい組織形態へ 奥村 明雄(財団法人日本環境衛生センター理事長)
国難を乗り越え、飛躍の年に 細野 豪志(環境大臣)
被災地の生活改善、復旧・復興等を支援 小宮山洋子(厚生労働大臣)
続報 第55回生活と環境全国大会  【公開シンポジウム】
 東日本大震災における環境衛生の現状と課題
 《発表》埋火葬の取り組みと水道の復旧・復興について(岩手県)/原子力災害に伴う警戒区域内の状況について(福島県)/埋葬に関する大きな課題(宮城県)
 <講演>環境衛生での放射線リスクをどう考えるか(山口 一郎)
 【第55回生活と環境全国大会アンケートより、参加者の声】
震災レポート 東日本大震災で発生した災害廃棄物の広域処理に関する一考察(第一報)― 費用と処理期間の低減効果― 加用 千裕(国立環境研究所)、立尾 浩一(日本環境衛生センター)ほか
調査研究レポート 札幌市アタマジラミ対策連絡会の取り組みについて 大塚圭輔(札幌市保健所環境衛生課)
連載 ニッポンのゴミ 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰 (元大阪府藤井寺保健所)
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 加藤 秀平 (日本廃棄物コンサルタント協会)
2011年
2011年12月
特集「東日本大震災の復興支援に集う─第55回生活と環境全国大会(宮城大会)報告─」
特集 「第55回生活と環境全国大会」の全体概要について 生活と環境全国大会事務局
(財)日本環境衛生センターからの報告
特別企画シンポジウム「循環と共生による持続可能な復興を考える」/公開シンポジウム「地球温暖化防止におけるフロン類対策―被災地の復旧・復興に向けたフロン類対策―」/合同公開講座「災害復興への取り組みと課題」/公開講座「被災地における生活衛生に関する諸問題」/公開講座「災害廃棄物の処理と展望〜復興に向け歩み始めた災害廃棄物処理の行方〜」/次期開催地からの挨拶/生活と環境展示会
調査分析アラカルト 日本人は、なぜルールを守ることができるのか?〜ごみ問題に関して随想風に〜 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
海外環境レポート マーシャル諸島共和国(マジュロ環礁)のごみ処理[後編] 大塚 康治(国際協力機構シニアポランティア)
あかりまど 環境の哲学を変える20年ごとの新潮流と自然と共生する日本への再生 小林 光(慶應義塾大学大学院 兼環境情報学部教授)
調査研究レポート 水道水質検査の精度管理に関する調査 佐藤弘和(東京都福祉保健局)
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜  浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰 (元大阪府藤井寺保健所)
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 杉戸 大作 (財団法人廃棄物研究財団)
2011年11月
特集「廃棄物処理施設の維持管理 ─今日的課題と対応─」
特集 廃棄物処理法の改正と施設の維持管理 高橋 壽義(東京都環境局)
 
放射能汚染廃棄物の処理と今後の課題 大迫 政浩(独立行政法人国立環境研究所)
東京都清掃工場における水銀問題とその対応 大村 朋巳(環境ジャーナリスト)
廃棄物処理施設における重大事故発生時の対応について―廃棄物処理施設技術管理者に求められる役割― 寺嶋 均(一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会)
震災レポート 東日本大震災被災地の5カ月後の居住環境の実態について 中臣 昌広(東京都文京区文京保健所)
海外環境レポート マーシャル諸島共和国(マジュロ環礁)のごみ処理[前編] 大塚 康治(国際協力機構シニアポランティア)
読み切り 野生鹿由来の汚染実態調査結果―A高原専用水道におけるクリプトスポリジウム等を中心に― 戸塚 雅彦(兵庫県西播磨県民局)ほか
あかりまど 想定外とリスク 古市 徹(北海道大学大学院)
調査研究レポート 特定建築物における加湿器の運転状況について 五味 武人(港区みなと保健所)ほか
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰 (元大阪府藤井寺保健所)
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 飯島 孝(財団法人産業廃棄物処理事業振興財団)
2011年10月
特集1「東日本大震災被災地の生活環境は今─復興を支える現場から─」
特集2「第55回生活と環境全国大会(宮城大会)開催プレ企画―第2弾―」
特集1 被災地の環境〜モニタリング調査の結果から〜 粕谷 明博(環境省水・大気環境局)
東日本大震災におけるアスベスト飛散防止・ばく露防止対策 山本 光昭(環境省水・大気環境局)
被災地におけるアスベストの実態と適正処理への提言 清水 博(全国アスベスト適正処理協議会)
被災地の悪臭対策 岩崎 好陽(公益社団法人におい・かおり環境協会)
東北沿岸部巡行記 高橋 克行(財団法人日本環境衛生センター)
特集2 被災地におけるがれきの撤去と衛生、廃棄物、環境保全対策―合同公開講座に寄せて― 第55回生活と環境全国大会事務局
第55回生活と環境全国大会開催トピックス 第55回生活と環境全国大会事務局
特別寄稿 日系静脈産業メジャーの育成・海外展開促進事業について 築地 淳(環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部企画課循環型社会推進室)
あかりまど 被災地の生活と環境を想う
新田 裕史(独立行政法人国立環境研究所)
調査研究レポート レジオネラ属菌が検出された公衆浴場における指導事例について 小住 哲(北九州市保健所)ほか
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰 (元大阪府藤井寺保健所)
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 緒方 一喜(財団法人日本環境衛生センター技術顧問)
2011年9月
特集1「災害復興と自然共生─持続可能な発展を目指すグリーン復興─」
特集2「第55回生活と環境全国大会(宮城大会)開催プレ企画」
特集1 東日本大震災からの復興と自然共生社会の実現 川越 久史(環境省自然環境局)
海と田んぼからのグリーン復興計画 竹本 徳子(東北大学大学院 教授)
震災瓦礫の土壌資源化による震災復興と海岸エコトーンの再生 中野 裕司(エコサイクル総合研究所 所長)、平吹 喜彦(東北学院大学 教授)
特集2 震災復興につながる災害廃棄物処理の方向性 吉岡 敏明(東北大学大学院 教授)
  宮城県の津波被災地における衛生害虫発生状況の視察報告 葛西 真治(国立感染症研究所 主任研究員)、小林 睦生(国立感染症研究所 部長)
あかりまど 震災復興と自然共生社会 武内 和彦(東京大学大学院 教授)
調査研究レポート A河川における水質・環境改善の取り組み 大山 祐樹(宮城県都城保健所)ほか
 
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰 (元大阪府藤井寺保健所)
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 八木 美雄(財団法人廃棄物研究財団 専務理事)
2011年8月号
特集「今こそ低炭素社会を考える―再生可能エネルギーの現状と課題― 」
特集 エネルギー・温暖化戦略再構築で脚光浴びる「再生可能エネルギー」の行方 大村 朋巳 (環境ジャーナリスト)
省エネと再生可能エネルギーを基調とする低炭素社会の実現に向けて 浅岡 美恵 (特定非営利活動法人 気候ネットワーク代表・弁護士)
特定政策に依存しない次世代エネルギーのビジネスモデルを求めて〜岐阜県の挑戦〜 編集部
再生可能エネルギーとしてのバイオマスエネルギー技術の現状と課題 濱松 辰雄(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 新エネルギー部バイオマスグループ 主査)
温泉の熱効率改善と温暖化対策への取り組み 奥村 明雄(財団法人 日本環境衛生センター 理事長)
あかりまど 低炭素社会づくりに向けた民意の形成 柳下 正治(上智大学大学院 地球環境学研究科 教授)
震災レポート 東日本大震災被災地の50日後の居住環境の実態について 中臣 昌広(文京区文京保健所 環境衛生監視員)
調査研究レポート 家庭用品販売店における乳幼児用繊維製品等の販売状況調査について 村田 靖幸(名古屋市中川保健所)
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰 (元大阪府藤井寺保健所)
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 加藤 三郎(NPO法人 環境文明21 共同代表)
2011年7月
特集「東日本大震災被災地の衛生対策は今 ─復興を支える現場から─」
特集 衛生対策の視点から見た被災地の現状 編集部
被災地における衛生害虫等対策の進め方 編集部
東日本大震災に係る災害対策支援への取り組み 橋本 大輔(財団法人日本環境衛生センター 東日本大震災災害対策支援班)
震災レポート1 災害廃棄物の分別・処理戦略 〜マニュアルの紹介〜 浅利 美鈴(京都大学環境科学センター)
あかりまど サステイナビリティ研究所の落成式 田中 勝(鳥取環境大学サスティナビリティ研究所 所長)
レポート 大阪府における災害時協力井戸の取り組みについて 森川 洋佑(大阪府寝屋川保健所) 他
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 大歳 恒彦(東北公益文科大学教授)
生活と環境を支える現場から〜What JESC do for sustainable society 廃棄物のプロフェッショナルを育てて45年 〜JESCの人材育成事業を振り返る〜(編集部)
2011年6月
特集「分析技術の継承と精度管理を考える」
特集 座談会
○出席者
 伊藤 裕康(国立環境研究所)/橋場 常雄(日本環境測定分析協会)/中野 武(兵庫県環境研究センター)/岩本 眞二(日本環境衛生センター)
震災レポート1 災害廃棄物の分別・処理戦略〜学会タスクチームの活動報告〜 浅利 美鈴(京都大学環境科学センター)
震災レポート2 大規模自然災害の被災地における衛生害虫対策:東日本大震災から何を学ぶか 小林 睦生(国立感染症研究所昆虫医科学部長)
あかりまど 「幸せ」を実感できる地域・社会づくりへ 小澤 紀美子(東海大学教授)
レポート 佐用町における被災水道復旧支援等に関する検証結果 戸塚 雅彦(兵庫県西播磨県民局龍野健康福祉事務所) 他
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 大歳 恒彦(東北公益文科大学教授)
生活と環境を支える現場から〜What JESC do for sustainable society
世界で活躍! 〜JESCの国際協力〜
(編集部)
2011年5月
特集「廃棄物・循環資源をめぐる国際動向」
特集 日系静脈産業メジャーの育成と海外展開の促進〜技術と制度をパッケージとして海外展開〜 伊藤 哲夫(環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部長)
E-wasteのリサイクルに関する海外展開 小島 道一(ジェトロ・アジア経済研究所新領域研究センター 環境・資源研究グループ長)
バーゼル法規制の事前相談に見る廃棄物輸出入の最新事情 小澤 賢(財団法人日本環境衛生センター バーゼル条約輸出入規制事前相談課)
廃棄物・資源循環の最新事情 太田原 覚(株式会社資源新報社)
レアメタルのリサイクル 中島 賢一(株式会社リーテム 取締役会長)
各界のトップランナーが静脈産業メジャーを語る 編集部
読み切り 使用済み携帯電話回収キャンペーンの成果と今後のリサイクルシステム構築への考察 中野 加都子・和田 有朗(神戸山手大学現代社会学部)
COP10開催にかかる環境衛生対策〜生物多様性交流フェア屋外会場における調査活動〜 森川 健正・栗本 佳代・川口 美穂・廣瀬 嘉(名古屋市熱田保健所生活環境課)
あかりまど 専門家は科学的誠実さをもって警告し、予測が当たらなくとも社会はそれを受け入れよう! 山本 良一(東京大学名誉教授)
レポート 公衆浴場における水中及び空気中の消毒副生成物に関する調査結果(第2報) 澁木 優子(埼玉県狭山保健所) 他
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
 
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 田中 生男(財団法人日本環境衛生センター 技術顧問)
2011年4月
特集「持続可能な社会を目指す地域の取り組み」
特集 統一規格ガラスびんのリユースシステム構築モデル事業報告 岩元 純子(社団法人環境生活文化機構 総務・経理主任)
おかえりやさいプロジェクト―名古屋市発・市民協働による生ごみ循環― 岡山 朋子(おかえりやさいプロジェクトリーダー/名古屋大学エコトピア科学研究所特任講師)
ごみを見ながら、ごみ減らそう!〜家庭ごみ減量に向けた活動システムの実証的開発事業〜 小川 雅由(NPO法人こども環境活動支援協会 事務局長)
川崎市における市民による地球温暖化防止の取り組み 竹井 斎(特定非営利活動法人アクト川崎 理事長)
循環型社会と低炭素社会の実現に向けた地域における取り組み 浅羽 理恵(NPO法人川口市民環境会議 代表理事)
あかりまど 必要と贅沢、そして我慢 野間 紀之(環境カウンセラー)
レポート 特定建築物における二酸化炭素濃度不適率上昇の原因と対策 中川 晋也(東京都健康安全研究センター広域監視部建築物監視指導課)他
連載 ニッポンのゴミ 大澤 正明(財団法人日本環境衛生センター 理事)
つべこべ言うより、まず行動〜市民の環境活動〜 浜口 美穂(フリーライター・3R推進マイスター)
公衆浴場・温泉・旅館業施設のためのよくわかるレジオネラ症対策 中臣 昌宏
低炭素社会へのクエスチョンマーク―日本人とドイツ人の視点から― K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
環境衛生監視員として36年 北角 彰
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
散歩みち 重田 芳廣(元財団法人日本環境衛生センター、前JICA環境行政専門家、現株式会社三幾飼料工業顧問)
2011年3月
特集「環境を担う人材育成の現場を検証する」
特集 人材育成における清掃技術訓練センターの役割 河内 三郎(東京二十三区清掃一部事務組合 清掃技術訓練センター)
今後の環境・廃棄物行政を担う人材について〜最前線の現在・過去・未来〜 中村 一夫(財団法人京都高度技術研究所 研究部長(元京都市環境局担当部長)
川口市の取り組み事例について〜暗黙知の共有化が人材育成・技術継承の足掛かり〜 渡部 浩一(川口市環境部廃棄物対策課)
大阪府の規制指導について 中道 俊之(大阪府環境農林水産部環境管理室事業所指導課大気指導グループ 総括主査)
官民の環境測定・分析業界における技術の伝承と人材育成 谷 学(社団法人日本環境測定分析協会 顧問)
読み切り 公開座談会「大震災等における災害時の環境衛生対策」 編集部
あかりまど スムーズなバトンタッチを 三本木 徹(財団法人日本環境衛生センター 特別参与)
レポート PCM手法を活用したIPMの普及に係る検討について 愛知県生活環境安全広域機動班
愛知県環境衛生研究会
連載 架空対談:BUNさんと読み解く「廃棄物処理法改正」 長岡 文明(BUN環境課題研修事務所)
環境衛生監視員として36年 北角 彰
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
炭素管理型社会に向けて−日本人とドイツ人の視点から− K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
21世紀を拓く環境WOMEN 高見 幸子(国際NGOナチュラル・ステップ・ジャパン代表)
散歩みち 石黒 智彦(一般社団法人廃棄物処理施設技術管理協会 専務理事)
ごみ減量に挑む 服部 美佐子(環境ジャーナリスト)
日本と世界の環境こぼれニュース 小泉 千寿
2011年2月
特集1「平成23年度関係省庁の環境政策と予算案」
特集2「生活の中の地球温暖化対策(その3)」
特集1 環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策関係の平成23年度予算(案)について 伊藤 哲夫(環境省廃棄物・リサイクル対策部長)
平成23年度環境省重点施策―持続可能な社会と成長の両立を目指して― 環境省
平成23年度生活衛生課予算(案)の概要 厚生労働省健康局生活衛生課
平成23年度水道関係予算(案)の概要 厚生労働省健康局水道課
特集2 地域地球温暖化防止活動推進センターによるうちエコ診断事業の展開 菊井 順一(一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 専務理事・事務局長)
川原 博満(一般社団法人地球温暖化防止全国ネット 事業グループ長)
「エコちゃんず」が薦める市民の地球温暖化対策 中山 育美(かわさき地球温暖化対策推進協議会グリーンコンシューマーグループ、NPO法人アクト川崎(環境カウンセラー))
読み切り 「第54回生活と環境全国大会」報告その2 編集部
あかりまど 大気汚染の健康影響 新田 裕史(国立環境研究所)
レポート 社会福祉施設・医療機関の浴槽を対象としたレジオネラ症防止対策の実態調査と改善指導 永石 大介(宮崎県都城保健所)
連載 架空対談:BUNさんと読み解く「廃棄物処理法改正」 長岡 文明(BUN環境課題研修事務所)
環境衛生監視員として36年 北角 彰
自然主義をたずねて 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
炭素管理型社会に向けて−日本人とドイツ人の視点から− K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
21世紀を拓く環境WOMEN 鬼沢 良子(NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット 事務局長)
散歩みち 長谷川 修一(香川大学工学部教授)
ごみ減量に挑む 服部 美佐子(環境ジャーナリスト)
日本と世界の環境こぼれニュース 小泉 千寿
生活と環境を支える現場から 虫を極める 〜ペストロジー実習講座を体験する〜(2) 編集部
2011年1月
特集「循環と共生による持続可能な社会を占う」
特集 デカップリング経済への移行を急ごう 三橋 規宏(経済・環境ジャーナリスト(千葉商科大学名誉教授)
循環と共生による持続可能社会の実現を 岩槻 邦男(兵庫県立人と自然の博物館 館長)
持続可能な都市づくりを考える 柳下 正治(上智大学大学院地球環境学研究科 教授)
循環と共生による持続可能社会の実現を語る 浅利 美鈴(京都大学環境保全センター/3R・低炭素社会検定実行委員会)
NGOとして元気ネットの役割と願い 鬼沢 良子(NPO法人持続可能な社会をつくる元気ネット 事務局長)
持続可能な社会に向けて 浅岡 美恵(気候ネットワーク代表・弁護士)
読み切り COP10の成果と今後の課題 黒田 大三郎(環境省 参与)
「第54回生活と環境全国大会」報告 編集部
年頭所感 COP17に向け公平かつ実効性ある枠組みの構築へ 松本 龍(環境大臣)
豊かで安心できる生活に向け医療・介護・健康関連の産業・人材を育成 細川 律夫(厚生労働大臣)
社会発信と国際活動によるアイデンティティの発揮 奥村 明雄(財団法人日本環境衛生センター理事長)
グラビア 新春スケッチ「見上げてごらん 成長する東京スカイツリー」
レポート 石板張り付け工法に着眼した公衆浴場改修事例について〜レジオネラ属菌 不検出に向けて〜 岩城 舞子(東京都町田保健所 生活環境安全課)
連載 架空対談:BUNさんと読み解く「廃棄物処理法改正」 長岡 文明(BUN環境課題研修事務所)
環境衛生監視員として36年<新連載> 北角 彰
自然主義をたずねて<新連載> 加藤 尚武(京都大学名誉教授)
炭素管理型社会に向けて−日本人とドイツ人の視点から− K.H.フォイヤヘアト・中野 加都子(神戸山手大学現代社会学部環境文化学科 教授)
21世紀を拓く環境WOMEN 崎田 裕子(ジャーナリスト・環境カウンセラー)
散歩みち 木村 陽子(自治体国際化協会 理事長)
ごみ減量に挑む 服部 美佐子(環境ジャーナリスト)
日本と世界の環境こぼれニュース 小泉 千寿
生活と環境を支える現場から―
 

ダニの標本を作ろう!〜ペストロジー実習講座を体験する〜
 編集部

日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top