生活と環境(2015年5月号)

【特集】水俣条約とこれからの水銀対策

2013年10月、熊本県にて「水銀に関する水俣条約」が採択されました。我が国においては、水銀代替技術の開発が進み、現在、水銀の需要は激減していますが、過去に生産された水銀添加製品が使用・保管され、輸出されている現状もあることから、条約批准に向けた適正な回収・保管体制の整備が急務の課題になっています。環境大臣は、条約の早期発効を目指し資金面・技術面の途上国支援を表明しており、国際社会における日本の役割が重要になっていくと思われます。水俣条約により、水銀に関する日本国内での対策や海外支援はどう変化していくのか、最新の取組みを紹介します。


■水銀に関する水俣条約を踏まえた今後の水銀廃棄物対策について
鈴木 あや子(環境省)

■水銀に関する水俣条約を踏まえた今後の水銀の大気排出対策について
長浜 智子(環境省)

■水銀の健康影響
坂本 峰至/山元 恵(水俣病総合研究センター)

■国連環境計画(UNEP)世界水銀パートナーシップを通じた日本の貢献〜廃棄物処理を中心に〜
田中 勝(鳥取環境大学)

■水銀の循環利用における今後の適正管理について
高岡 昌輝(京都大学大学院)

■東京23区におけるごみ焼却施設の水銀大気排出抑制
井上 宏(東京二十三区清掃一部事務組合)

■一般廃棄物処理施設における大気への水銀排出対策技術
宇野 晋(日本環境衛生施設工業会)

■水銀含有廃棄物処理事業と水俣条約対応
藤原 悌(野村興産)

■東京都医師会による水銀血圧計・水銀体温計自主回収の取り組みについて
橋本 雄幸(東京都医師会)


※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】0 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top