生活と環境(2018年7月号)

【特集】我が家の衛生

 家のカタチは様々である。アパート・マンション・一軒家など。さらに住む人の構成も同様に、単独世帯・核家族世帯・直系家族世帯・高齢者世帯など様々である。
 多種多様な環境のなかで快適に住むことを考えたとき、共通して心がけるべきは「衛生」ではないか。もし、衛生的な環境を保つことを意識し続けなければ、害虫やカビは増殖を続け、人体や家に悪影響を及ぼすことが懸念されるからだ。
 今、私たちが住んでいる家の中にはどのような害虫・カビがあり、それらはどのような状況で発生するのか―。害虫・カビの生態を知り、対策を施すことによって、我が家の衛生がどのように保たれるかを考えてみたい。


■住みやすい家を考える
高田 宏(広島大学大学院)

■住まいの有害生物を知る
谷川 力(日本ペストコントロール協会)

■寝具におけるダニ類とその対策
高岡 正敏(ペストマネジメントラボ)

■食品を汚染するカビを知り、安全に食べる
小西 良子、小林 直樹(麻布大学)

■調理器具の衛生を保つ
浦野 奈緒子(東京都健康安全研究センター)

■家庭用殺虫剤及び人体用忌避剤による蚊媒介感染症対策―野外を中心に
南手 良裕(大日本除蟲菊)

■洗濯機のカビ汚染の特徴とその対策
浜田 信夫(大阪市立自然史博物館)

■加湿器を安全・安心に使うために―加湿器によるレジオネラの発生と課題
中臣 昌広(日本環境衛生センター)








※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top