生活と環境(2018年2月号)

【特集】環境と金融

 「ESG投資」が急速に拡大している。ESG投資とは、各企業の環境(Environment)・社会(Social)・企業統治(Governance)に対する取り組みを考慮して行う投資のことであり、今では世界の運用資産額の3割に迫るとも言われている。これまで金融上であまり評価されてこなかった環境などへの取り組みが、企業の価値に大きく影響する要素として認識された。
 今回、環境と金融の関係性の変遷、昨今のESG投資に関する各団体の動向などから、今後を展望する。


■環境省による環境金融施策について
泉 晋(環境省)

■ESG投資に関する経済産業省の取組みの現状と今後の方向性
杉野 普規(経済産業省)

■「環境金融」の発展と「ESG投資」への展開
藤井 良広(環境金融研究機構)

■GPIFのESG投資に関する取組みについて
塩村 賢史(年金積立金管理運用)

■DBJ環境格付融資の概要と企業の対話
八矢 舞子(日本政策投資銀行)

■国内初、ESGの要素を取り入れた3本のETF(上場投資信託)
長野 亮祐(大和証券投資信託委託)

■持続可能な社会を目指すJICA債について
国際協力機構 財務部 市場資金課

■「国際金融都市・東京」構想におけるESG投資に関する取組みについて
東京都政策企画局、東京都財務局

■企業価値の創造につながる“戦略的CSR”の実践がカギ
海野 みづえ(創コンサルティング)







※こちらの商品の送料はサービスとなっております。

【商品重量】 g

販売価格 1,134円(税込)
購入数

*請求書の日付の有無や、送料を商品代に含めるなどの請求書に関するご要望がございましたら、[レジへ進む]のあとに表示されるお客様情報入力画面の「※請求書の日付不要の場合」「※送料を書籍代に含める場合」にご記入ください。



日本環境衛生センター

出版担当


*事前に見積書をご希望の方、まとめ買い(割引あり)をご希望の方は、上のサイドメニューの[Contact お問い合わせ]、または各書籍ページの[この商品について問い合わせる]より事前にお問い合わせください。

*FAXでも注文を受け付けております。
お名前・ふりがな・郵便番号・住所・電話番号・FAX番号・請求書の日付の要不要および送料を書籍代に含めるか含めないかを明記の上、下記FAX番号まで送信ください。

*購入完了後、自動で確認メールが送信されます。万が一届かない場合は、当センター出版担当までご連絡ください。

一般財団法人日本環境衛生センター
研修事業部 研修事業課
出版担当


FAX: 044-288-5217

Top